スケベ椅子やお風呂

アイメイク

日本の風俗にはその土地の特徴を反映している風俗店がたくさんある。日本人は年中問わず、特に冬に温泉に入る習慣があるが、時期になると温泉街は多くの客で賑わっている。観光客だけでなく、地元の客も多いので、日本人のお風呂好きがうかがい知れる。
そんな日本ではソープという風俗店に人気が集まっている。ソープはお風呂とマットプレイで充実したサービスを施しているお店で、性的な満足だけでなく、お風呂に入ることでも満足感を引き出すことができる。
いろんな風俗がある中でも、このソープという風俗は歴史が比較的長い店舗型風俗となっている。店舗型の風俗では、部屋や建物の特性を利用してサービスが提供されるので、女性の魅力だけでなく施設の魅力もある風俗店であるといえる。

ソープは基本的なメニューの中にヘルスサービスが含まれているので、オナクラやエステのように手コキがオプションとして申し込む必要がないというのが特徴である。
部屋にはマットプレイができるようなベッドと、お風呂が設置されている。お風呂は他のファッションヘルスよりも広くとられており、そこでマットプレイを楽しむことも可能である。
特にソープが人気なのはヘルスサービスが含まれており、素股などの擬似セックスが広いベッドで体感できるのが魅力的な点である。それに付け加えて、お風呂で提供できるサービスも魅力的です。
洗体はヘルスサービスを行なうような風俗では必ず行われるが、ソープでは衛生を保つだけが目的ではなく、風呂自体を性的な欲求を解消出来る場としても使っているのが特徴である。
スケベ椅子や泡踊りなど、いろんなソープ特有なサービスが味わえるので、そこでしか体感できないものであるといえる。